豊胸手術には失敗のリスクもある

ヒアルロン酸や脂肪の注入

豊胸手術のリスクを知る豊胸バッグヒアルロン酸や脂肪の注入

豊胸手術の方法の中でも、比較的手軽に行えるとして、近年選択する人が多くなっているのがヒアルロン酸注入ですが、それにも失敗のリスクはあります。
その代表例と言えるのがしこりができてしまうことで、これはカプセル拘縮と同様に人間の体の異物に対する反応によるものです。
また、自分が想像していたよりも硬く感じてしまうことや、ヒアルロン酸は段々と体内に吸収されるものではあるとは言え、思っていた以上に早く吸収されてバストが小さくなってしまうこともあります。
そういった問題が生じる原因には、担当した医師の技術が未熟だったり、使用するヒアルロン酸の品質が良くなかったりといったことも関係して来るので、いくら手軽だとは言っても、クリニック選びには慎重でなければならないと言えるでしょう。
そして、ヒアルロン酸注入と同様にメスを使うことがないため、傷跡が残りにくいということや、見た目が自然になりやすいこと、そしてお腹周りなどのサイズダウンを同時に行えることなどのメリットがあることから、近年多くの人が希望するようになっている脂肪注入に関しても、失敗のリスクは避けることができません。
その例としてまず挙げられるのは、注入した脂肪が固まってしこりが生じるというものです。
しかもその症状が進むと石灰化が生じてしまい、さらに硬くなってしまう恐れもあります。
また、脂肪があまり定着しなかったために、思っていたよりもサイズがアップできなかったり、すぐに体内に吸収されてバストが元のように小さくなってしまったりといった問題が起こり得るのは、ヒアルロン注入と似ています。
さらに、脂肪を注入する際の技術が低い場合などには、バストの形が希望とは大きく異なるものになってしまったり、注入するための脂肪を吸引した部分にでこぼこが生じるといった問題も生じ得ます。