豊胸手術には失敗のリスクもある

豊胸バッグ

豊胸手術と一口に言っても、その中にはいくつもの方法があるので、その失敗にも色々なものが考えられます。
まず最初に、昔から定番の手術法である豊胸バッグの挿入に関する失敗の例を挙げると、本来であれば柔らかさが魅力であるはずのバストが硬くなってしまうというものがあります。
その大きな原因はカプセル拘縮と呼ばれるもので、人間の体が異物の侵入に対して反応することにより生じます。
豊胸バッグの周囲を、カプセルというコラーゲン繊維の被膜が包み込むようになり、それが通常の反応を超えて厚くなることで、触った時に硬さを感じさせるのです。
豊胸バッグの挿入にはカプセル拘縮以外にも、バストの中の豊胸バッグの形が皮膚の上に表れてしまい、ヒダのように見えてしまうリップリングが生じたり、豊胸バッグの位置がずれてしまったり、挿入した周囲に血液や水が溜まってしまったり、破損してしまったり、傷跡が目立ったりといったようなリスクがあります。

豊胸手術のリスクを知る豊胸バッグヒアルロン酸や脂肪の注入豊胸手術に失敗して大変なことになった